気分を安定させるウォーキング

  • あぶらとり紙の注意点と使い方

    • 顔のテカリなどを改善するのに効果的なため使っている人も多いのがあぶらとり紙です。



      しかし、あぶらとり紙は皮脂だけではなく皮膚に必要な水分までもとってしまうため肌の乾燥に繋がってしまうこともあります。
      水分がなくなり肌の乾燥するばハリがなくなり、シワの原因にもなってしまいます。



      また、皮脂が足りないことで肌の水分を逃がさないように過剰な皮脂が出てしまい、結果的にオイリー肌になってしまったりすることなども考えられます。



      ニキビケアとして皮脂を簡単に取り除くことのできるあぶらとり紙は、重要なアイテムとも言えますが使い方を間違えると肌トラブルの原因となってしまうため注意が必要です。



      このような肌トラブルを起こさないためには、正しい使い方をすることが大切となります。


      正しい使い方としては、肌を強く擦るように拭き取らないで、優しく押し当てて少し間をおいて紙繊維の持つ毛細管現象で吸い取っていきます。



      強く押し当てて吸い取らないようにし、同じ部位の使用は一日1〜2回ですませるようにします。



      柔らかい紙でも、肌にとっては負担になってしまうため、なるべく摩擦と強い圧迫は避けて角質を痛めないようにすることが重要です。



      あぶらとり紙は顔以外にも頭皮の皮脂とりにも効果的です。

      頭皮が臭くなるのは頭皮の皮脂が酸化していることが原因のため紙がべたつくなどの皮脂が過剰に出ていることを感じたら、軽く頭皮に押し付けて余分な皮脂をとるのがよいとされています。



  • 関連リンク

    • 看護師がスムーズに転職を行う際には、事前に準備が必要になります。特に、ブランクがある場合には、不安を感じてしまうのは当然のはずです。...

    • 今や仕事でもプライベートでもパソコンが欠かせなくなりつつあります。大変便利なこれらの端末ですが、いずれの目的でもこれらに集中し過ぎるとデスクから中々離れられなくなり、体力の衰えや体質虚弱といった傾向に陥り易いもの。...