気分を安定させるウォーキング

  • あぶらとり紙の使い方

    • あぶらとり紙とは、ファンデーションなどでお化粧をした状態のままでも皮脂や汗を吸いとる事が出来る紙の事です。
      暖かくなってくると鼻の頭やティーゾーンのテカりが気になり、あぶらとり紙ので皮脂を取りパウダーファンデーションで化粧直しをするのが定番です。

      皮脂はお肌の潤いを守る大切な働きがあり、細菌や紫外線から肌を守ってくれています。


      ただ古い皮脂は酸化し肌荒れやくすみ、ニキビの原因にもなるのである程度は皮脂を取り除く必要があります。
      最近では紙製の物だけでなく、プラスチックフィルム製のものや油分を吸収する粉を薄紙に塗付したものなど様々な種類があります。

      フィルム製は、皮脂の吸収性が高く1度の使用で半分以上の皮脂を取り除いてくれるためオイリー肌の人おすすめです。
      紙タイプのあぶらとり紙はフィルムタイプより吸収性が低いため、皮脂の取りすぎが心配な方はこちらの方が安心して使えます。


      あぶらとり紙の使い方は、包み込むように軽く押さえるようにすると良いでしょう。

      しっかり皮脂を取りたいからといって、押さえたり拭き取ってしまうと肌にダメージを与えてしまいます。


      皮脂は取りすぎるのも良くないので、軽く皮脂が残るくらいにした方が肌には良いです。


      あぶらとり紙を使ったあとはミスト化粧水などで水分補給してあげると、乾燥しなくて皮脂も出にくくなります。


      皮脂は肌の潤いを守るために分泌されるものなので、肌が乾燥しているとより沢山皮脂も出るのであまり取りすぎずある程度残してあげた方がテカりにくくなります。

















  • 関連リンク

    • 看護師がスムーズに転職を行う際には、事前に準備が必要になります。特に、ブランクがある場合には、不安を感じてしまうのは当然のはずです。...

    • 顔のテカリなどを改善するのに効果的なため使っている人も多いのがあぶらとり紙です。しかし、あぶらとり紙は皮脂だけではなく皮膚に必要な水分までもとってしまうため肌の乾燥に繋がってしまうこともあります。...